性感染症の有無調査|悩める尿失禁の打開策を公開|加齢に負けない健康体を実現

悩める尿失禁の打開策を公開|加齢に負けない健康体を実現

婦人

性感染症の有無調査

先生

世界各国で昔から問題となっているのが性感染症です。性感染症に多数の種類がありますが最も症状が重たいものは免疫不全症という状態陥ってしまうほどなのです。その中でも感染が拡大しているのが梅毒という性感染症です。この感染症は梅毒トレポネーマと呼ばれる細菌が原因となって発生するのです。感染経路は他にもありますが、性行為で感染する確率が非常に高いので性感染症に分類されています。人によって症状の進行スピードに差があるので知らない間に相手へと移してしまう可能性も秘めているのです。1度感染してしまうと、性器や性器周辺だけでなく、全身に症状が現れるのが特徴的です。赤い小さな発疹や腫れ、かゆみや痛みなどがあるでしょう。
上記の様な症状が長く続いている場合は恥ずかしがらずに早い段階で泌尿器科や産婦人科に足を運び検査を受けるのが大事です。検査の方法は大きく分けて2種類存在しておりその1つがSTS検査となっています。採取血液自体を牛の資質と反応させて様子を見る検査の方法です。梅毒に感染すると病原菌を撃退させるために抗体が体の中で作成されるのです。つまり、検査を実施して抗体が作成されていれば梅毒に感染していると見たほうが良いでしょう。そしてもう1つの方法がTP抗原法とよばれる方法です。こちらの方法では牛の資質は使用せずに、梅毒の病原菌と抗体を直接反応させて検査していきます。TP抗原法には更に複数の方法に細分化しているので自分に適した検査方法を活用するのが大事になってきます。